最近、Webアイソレーションというワードが耳に入ってくるようになりました。
セキュリティのセクションに来て日も浅く、いきなり聞いても混乱する可能性があります。
少し、自分で調べて、ブログにまとめようと思います。

はじめて聞いた言葉なので、最初に意味をWiKiで調べました。

アイソレーション(英: Isolation)とは、分離、独立、絶縁などの意味。
以下の用法がある。
パントマイムやストリートダンスにおいては、
体の各部分を単独で動かすトレーニング。
人間離れして見える動きの基礎となるトレーニングである

WiKiPediaから引用

次に、Webアイソレーションです。
検索結果は、用語を解説しているページより、
製品やサービスを紹介していている企業のWebページが
たくさん表示されました。

いくつかのサイトにアクセスして調べました。
そこでは、Web無害化、Web分離、
インターネットアイソレーションといったワードがありました。

ざっくり言うと、こんな感じでした。
Webコンテンツをユーザに直接見せずに、間に仮想コンテナを配置する。
この仮想コンテナが危険がないかチェックする。
レンダリングしてユーザにわたす。

ふわっとした意味はつかんだような気がします。
次回は、各社から提供されているサービスや製品を調べてみたいと思います。

注意:用語の意味等は私が調べた個人的意見です。
正確かどうかの保証はできませんのであしからずご容赦ください。