2018年8月22日に開かれた、クラウドセキュリティフォーラムで、
セキュリティエバンジェリストの小坂普さんを迎え、
クラウド時代のセキュリティについてご講演いただきました。

お話しの要点は3つ。
1.クラウドを基盤としたシステムを構築することで、
職場に依存しないワークスタイルが可能になる。

2.マルチデバイスからクラウドサービスにアクセスには、
ゲートウェイ型のセキュリティサービスが前提になる。

3.デバイスの感染の防御とと、
感染後の被害を最小限にする両面的な考え方が必要。

参加者の多くから、利便性の向上とセキュリティリスクへの対策の
トレードオフをどう考えるかのいいヒントになったとの声をいただきました。