ノンエー 間違った使い方では効果は出ない!!

ノンエーを使っても効果が出にくい時は

ノンエーで洗顔をしても、もう一つお肌に変化を感じられないなんとことはありませんか?

 

何が原因なのでしょうか?

 

そんな時は保湿を見直してみるといいかもしれませんよ。

 

スキンケアの基本は洗顔ですが、保湿も同じくらい重要です。
その保湿のポイントは水分と油分の両方をバランスよく補うことです。

 

皆さんは保湿をするとき、
化粧水 → 乳液の順番で行うと思います。

 

基本的にはこの順番はニキビケアの際も同じですが、

 

思春期ニキビにのように皮脂分泌が多いことでニキビが出来るケースと
大人ニキビのように乾燥しているのにニキビが出来るケースでは
2つのバランスが変わってきます。

 

 

※もちろんニキビの原因は上記だけでなく、環境やストレス、食生活などが大きくかかわってきます。

 

 

どういうことか、簡単に説明すると、

 

皮脂分泌が多くてニキビが出来るケースでは、水分を補うことをに重点を置いて、
乾燥しているのにニキビが出来るケースは、油分も積極的に補ってゆきます。

 

詳しく説明しますね。

 

まずは皮脂分泌が多いケースです。

 

洗顔後は化粧水で十分水分を与えて下さい。油と水は違います。
洗顔後何もしないでいると、お肌はみずから皮脂を分泌して乾燥を防ごうとします。

 

つまり、皮脂が多くても水分が不足するということが起きてしまいます。
また、洗顔後に余分な皮脂が落ちた状態で水分を与える事で、
お肌を健やかにする効果も期待できます。

 

この時に使う化粧水は肌の状態にもうよりますが、できるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

 

皮脂が気になるのであれば、乳液などは控えてもいいので水分補給はしっかりしましょう。

 

次に乾燥しているケースです。
お肌が乾燥しているからといって、むやみに油分の多い乳液などでの保湿は注意が必要です。
乳液は石油系界面活性剤が含まれていることが多いと言われていますので、
ニキビが出来て敏感になっているのお肌には刺激が強すぎる事があります。
保湿に乳液が必ず必要と言うことはありません。

 

最近ではコラーゲンやヒアルロン酸などの美容液がたくさんあります。
もしそれでも乾燥してしまうようであれば、
酸化しないオイルと言われているスクワランを使ってみるのもおススメです。

 

また、クリームにもオイルが含まれていますので、油を含んだ化粧品の使用は控えましょう。

 

保湿も洗顔と同じように、あなたのニキビの状態にあったやり方をしましょう。